得をすることの大事さ

とにかく特に関する情報を発信!得をするには努力と勇気が!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
麻生様の景気対策!

あのアニメとかゲームとかの展示施設とやらは、国民みんな納得しているのだろうか?

私は、納得できませんwてかこの時期というか不景気のなかよくもあんなものを作るなんて決断できたのでしょうか?

どんなに馬鹿でもあれを作ると決める事をどんなにおろかなことかわかるはず。

って事は・・・・・・・・・・・・・・やはりわかっていても作らなければいけない理由があるのでしょう。

この繰り返しが、癒着・利権と一部の人間の為のものになってきたのでしょう。

これを覆せる総理大臣を今後私たちで作っていかなければいけないのでしょうね。

さて前回からの続きです。


まずはじめに「管理職」について

●管理職に潜む罠。
管理職って響きなんだか出世したみたいでいいですよね。多分コレ一般的にみなそう思うはずです。そもそも管理職って何でしょうか?法律的にはどうなっているのか?

・「経営者と一体の立場であること」・・・経営に参画する。経営会議等にでる。
・「勤務時間等自己の裁量に任せられている」・・・出勤退勤の管理がない若しくは出勤または退勤のみ管理。
・「人事等の権限がある」

引用<<
このように「管理職」は上記のように経営に参加するべきものであるが、中には「管理職」とは名ばかりで残業代を支払わないことを合法化させている企業もある。
中には社員全員が「管理職扱い」の企業もあり、特に小売業などのサービス業に多いとみられる。「管理職」とは言っても、人事管理や経営参画といった権限は
全くなく、時間外労働をさせるなど「使い勝手のいい労働者」として酷使された後、「使用済み」となれば捨てることができるという事情がある。日本景気が2006年
から上向きになったとはいえ、このような見せ掛けの業績回復は、人件費の違法な削減(サービス残業や「名ばかり管理職」)によるものとされる。 最近では、
就業規則で予め管理職でも残業手当を支給するが、ボーナスで調整する事を明記する事により人件費の高騰を防ぎつつ、裁判や労働基準監督署の指導を逃れ
ようとする動きが見られる。

今すごく問題となっていることとは上記のように、管理職ということにして給料を抑えることを多くの企業がしていることが大問題。昔ではあまり気にならない部分
かも知れないが、現実労働問題としていますごくあがってきている。

管理職ってだけでコレだけの効果が会社にあります。正直どうですか?ご自身と比べて。頭にきますよね。
でこれをどういう風に理解すればいいかというと


管理職を会社につけられても、上記にあたる項目が実態と違っていれば、管理職とは認めない。
すなわち、規定があたらないということは、残業代も休日手当ても夜勤手当もすべて支払われるべきものであるということです。

ちなみに判例を少し

■店長の労働条件をめぐる最近の動き(朝日新聞より)

・05年12月「日本マクドナルド」の店長が「実態は管理監督者でないのに残業代が支払われな
      いのは違法」と提訴

・06年2月 書店チェーン「文教堂」店長が「管理監督者とされ残業代などが未払いなのは違
      法」と提訴

・  5月 日本マクドナルド店長らが労組を結成

・  6月 日本ケンタッキー・フライドチキンの店長らが労組を結成。サービス残業や休日
      出勤の是正を求め要求書

・  8月 アメリカ金融大手シティーグループの消費者金融「CFJ」の全国の支店長ら239
      人が「管理監督者を理由に残業代が支払われないのは違法」と提訴

・  10月 「セブン―イレブン・ジャパン」のチェーンに加盟する松本市のコンビに店長ら
      が労組を結成

・  11月 蛇の目ミシン工業の埼玉県内の支店長が「昨年より売り上げを伸ばしたのに会社
      が設けた目標の未達成を理由に北海道に降格・配転を命じられた」として、公正
な評価と人事の撤回を求めて団体交渉を開始。
会社側は降格ではなく「再評価」と主張。

・ 12月 「すかいらーく」店長だった夫を過労死で亡くした妻が過労死裁判などを支援す
る基金を設立

これ実際に勝っています。マクドナルドは未払い金払ったし、洋服の青山も●億円も払ったし。
自分に当てて考えてもどんどんやる気になって来ました。
結論はこれです。ここしか攻めどころありません。

管理職を会社につけられても、上記にあたる項目が実態と違っていれば、管理職とは認めない。


会社の大きな目的ははたしてなんなのでしょうか?

それは・・・・・・・・・・・・・そうちょうどその時に起こった事件を考えればいいのです。

ずばり、マクドナルド・青山の裁判です。

前回、この会社の危機管理が優れているといいましたが、ずばりこれです。

この会社も、上記会社と同様に似非管理職を使った、経費削減をしていたのです。

ずばりこの1点です。

しかし、少なくとも管理職で働いていた人間が今この場に300人程度います。

なさけない!この中に1人として、会社の意図が見えていないのです。

これこそ、会社の思う壺です。

今回の大幅な給与体系変更に踏み切ったこの会社の読みは大当たり!

本当に思惑道理です。だって誰も疑問に感じずにうんうん言っているのだから。

細かい内容はさておいて、この場面でやはり会社側だけの説明で終わるわけはなく、

質問タイムがありました。

ただ・・・・・なかなかね、300人の中で手をあげて質問するってのは飼いならされた日本人には

できないねw

ちなみに何人かは質問してました。それもアホなことをね。笑っちゃいます。

で、最後にいよいよ私が質問しました。

それも・・ずばり!とね。

はっきりと今は覚えていないが、なるべく近い形で

私「今回の改定で給与は下がらないといわれましたが、実際は下がりますよね?
  プライベートの充実いわゆる福利厚生が当社には不足しているから、管理職をはずし
  規定に従った残業代・深夜手当て・休日手当てを支払う形にし、仕事の時間を選べる
  状態にしたいと。しかし、給料を今まで道理に得るには、今までと働く形は変わらない。
  しかも管理職の時には、多少の休みや残業に融通が聞かせることが出来ました。
  あなたの言っていることに矛盾はないと思いますか?」

会社「ないです。」

(偉そうに若造が!まぁ本題はココじゃなないからOKw)

私「それでは管理職の定義とはなんですか?」

会社「はっきりとした明記はありませんし、弁護士とも相談してあるので問題はありません」

(うむまだ舐めているなwこの若造が!)

私「いやいや。弁護士云々ではなくて・・・・・では言い方を変えます。この会社にとっての管理職
  の意味は何ですか?」

会社「・・・・・・・・・ちょっと把握していません。」

私「把握していない?もう一つお聞きします。把握していない管理職は残業代も休日手当ても
  そして、深夜手当てもこの会社はついてません。深夜手当てはつけなければなんですがね・・・
  ま、それはいいとして、今回は管理職をはずして・・・・・・云々ですが、業務内容に変化はあり
  ません。この違いは何ですか?違いがなくそして従業員のことを思ってプライベートの充実させ
  てあげたいと思っているのならば、給与を変える必要もなく、ただ管理職をはずせばいいのでは
  ないですか?」

(ここらで相手も感づいてきた?)

会社「はいそうですね。しかし、どうせ今まで道理に働かなくては現場は回らないので、結局は
   残業もやってもらわなければなりませんので給料は若干今よりも増えますよね。」

(こいつ馬鹿だな。いいたい事が給料の増減だと思ってやがる。)

私「給料の増減の話ではありません。むしろそんなのはドーデもいいので、はい。」

(このとき既に周りのみんなはアボーンって感じ。いいかこれから君たちの為にがんばって
未払い分とってやるぜ!)

私「で、今のこの時期に管理職をはずす事をよくもやりましたね!世間で管理職問題が起こっている
 のは知っていますか?」

会社「いえ・・・・・知りません」

私「裁判にもなってますよね。しかも、原告の勝ちですよ?」

会社「いえ、弁護士と問題がないことを確認しています。それも判例か何か出ていますか?」

(・・・・・出てるよボケが)

私「はい。出ています。調べればいいんじゃないでしょうか?」

私「では私が認識している管理職について言いますね。
  まず第一に勤務時間等自己の裁量に任せられている。
  そして、経営者と一体の立場であることです。
  会社としてどうお考えですか?」

会社「弁護士と問題のないことを確認しています。」

私「うむ・・・・では会社としてまったく問題ないと言うことですね?」

私「現実に私はいままでの状況は管理職といえないと考えています。今回の改定は
 今までの管理職が間違いであったと行っているのと同じです。ここではっきり言うのは
 問題だと思いますので、濁しますが、どうやって私たちに潤い(見返り)をよこすのですか?」

会社「だから今回のボーナスに限り特別枠を設けまして、通常のボーナス+特別分と考えています。」

(きたー)

私「っと言うことは・・・・・・・今回の改訂には後ろめたさが在るということですか?
 案に認めていますよね?会社として管理職の扱いに問題があったと認めていると?」

(けけけこの若造が!こんちきしょうめ!)

会社「!!!!!!すいません。これ以上のお話は個人的に。」

(ここで本当に頭にきた。個人的に?いまココに同じ立場の人間が300人もいるのに。
最後の閉めに行くか!)

しかーーーし。周りの皆さん・・・・・・興味がないのか?反応が薄い。

で良く考えてみた。自分は辞めるつもりめちゃあるからいいけど、みんなが同じではないね。
そして、生活のかかっている人もいるのは事実だし、宗教みたいな環境でだまされて働く
人も必要だし、俺が無理に引き込む必要はないし。われこそはと思う奴は俺のとここればいいし。

と思った。

やっぱこんなレベルだよ。普通は。
会社にたてつくのもチカラいるしね。

って感じのことが起こって、私は実際に一人で会社に請求することを決意した。

もちろん退職もね。

次回


大人のおもちゃ通販

koko




よろしければぽっちっと御願いします。↓

スポンサーサイト
スレッドテーマ:日記 日記
新しい記事へ移動する  
  過去の記事へ移動する
コメント
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

パスワードは、「ID生成」「コメントの編集」に使用します。

コメントの編集は、IDから編集画面へリンク

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://afelyafeafe.blog28.fc2.com/tb.php/31-8933f5d2
この記事へのトラックバック
 
 
トップへ

テンプレート作成:しるえっと どっと ほーりー/sil_st3c01m_r102

FC2Ad

プロフィール

mamine

Author:mamine
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。