得をすることの大事さ

とにかく特に関する情報を発信!得をするには努力と勇気が!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
休み中にHPめぐりをゆっくりとしてみた。

そんな中でUFOに関する気になる記事を発見。以下引用

-----------------------------------------------------------------------------

月面を歩いた人類は12名・アポロ計画が1972年に17号で・・何故か終了?し、人類が月面へ宇宙飛行しなくなってから37年が経過しようとしている。人類はあれから月を歩いていない・・・・。
12名の月面歩行経験の貴重な人類代表も生存するのは9名・・となっている。
今年、78歳のエドガー・ミッチェルアポロ14号飛行士もその貴重な体験者の一人だ。
昨年の7月にも英国の放送番組でミチェル氏は地球外生命の存在と、地球へのその接触を事実として語りUFO論議にも話題を提供し、このブログでも記事を紹介した。
今回は、米国で公のナショナル・プレスクラブで多くのマスメディアの前でより明確なその証言であり、彼と同席参加し、証言したのは元米空軍ジェットパイロットや、インプラント物質を生体から摘出した医師など・・いよいよ、証言者もその生涯や・・生命・全存在をかけての地球外生命=宇宙人やUFOの存在についての告発・情報公開への公開証言となっている。
以下は「大紀元時報ー日本」よりの記事:参照
-----------------------------------------------------------------------------

米元宇宙飛行士がUFO証言、極秘情報の公開を呼びかける
 【大紀元日本4月25日】米国の宇宙船アポロ14号に搭乗した宇宙飛行士エドガー・ミシェル(Edgar Mitchell)氏は4月20日正午、ワシントンの国家記者クラブで記者会見を開き、UFOの存在を確信していると主張、米国政府に対し、UFOと宇宙人の存在に関する極秘情報を公開するよう呼びかけた。今年78歳のミシェル氏は1971年、アポロ14号に搭乗、月に上陸した6人目である。
ミシェル氏は以前、メディアの取材を受けた際に、宇宙人は頻繁に人類に接触していると指摘、米国航空宇宙局(NASA)はこれまでの60年間、ずっとこの事実を隠していると述べた。また、同氏は、1961年、ニューメキシコ州のローズウィルで発生したUFO墜落事件は実在した、と証言した。

 また、米国空軍の元パイロットで今年78歳のミルトン・トレス氏も記者会見でUFOの存在を証言した。1957年、トレス氏が緊急出動の命令を受け、英国の農村地区の上空でUFOを射撃したという。トレス氏によると、同物体はレーダー上では「飛行する空母」に似ていた。空中で長時間静止した後、ハイスピードで動き出し、一瞬にしてレーダーから消えたという
トレス氏は、後に正体不明な人物から、今回の任務は極秘事項であり、黙秘することを命じられた、と話した。

 トレス氏は米国政府に対し、UFOの情報を公開するよう呼びかけ、「我々は、一体何が発生したのかを知るべきだ。これはすべての人にとって非常に重要である」と述べた。

 トレス氏のこの実体験は、英国国防省が収集した多くのUFO事案に編入された。去年、英国のロンドン国家資料館がそれを公開した。

 英国国防省元幹部で、UFO事件の調査を主管していたニック・ポップ(Nick Pope)氏も今回の記者会見に参加した。 

 ポップ氏によると、英国政府が2008年に公表したUFOの極秘ファイルの数は2007年の2倍。これらの極秘資料は、長年来、英国の軍、警察および民間から報告されたUFO事件を詳細に記録、また、この謎の飛行物体に関する陳述と分析報告も含まれている。

 記者会見に参加した医師ロジェ・レオ氏も、ますます多くの宇宙人が人類と接触していると指摘し、その証拠を示した。そのうち、宇宙人に拉致された人の体から採取したとされたる金属片を研究した結果、含有する十数種類の物質は地球に存在していないことが分かった、人体組織はこの金属片にまったく拒絶反応していないという。これは現代の人類医学技術が実現できないことである。レオ先生はそれにより、この種の金属は地球に由来するものではないとし、宇宙人が確かに地球に来ている証拠になると指摘した。
また、記者会見に出席したCNNの元有名司会者シェリル・ジョーンズ(Cheryll Jones)氏は、「これはいまの時代の最重要事件であり、真に信じ難い」と語り、本紙の取材に対し、「これは一国だけの問題ではない。これだけ多くの人々が実体験を語っている以上、彼らの見方を尊重すべきで、人それぞれ自分で判断すればよい」と話した。

-----------------------------------------------------------------------------

読む限りでは、信用在る公場での記者会見みたいですね。


私個人の意見としては、強く信じたいw

事実としてあったとしてもおかしくはないですよね。

ほかのHPでもいろいろ論議されていますが、頑なに否定するよりも

「ないかもしれないがあるかもしれない」の方がはるかに建設的だと思います。

だってさ、そんなの絶対ないと否定して何がありますか?

頑なに否定する意味がわからないですね私には。

ないかもしれないが、あるかもしれないというスタンスがこういうことには

とてもあっていると思いますがね。

ただどう思うかは個人の自由なんでね。

いやーいつの日かこの目で見てみたいものです。きっと感動するんだろう。

たまには空をぼけーと眺めてみるのもいろんな意味でいいのかも知れません。

大人のおもちゃ通販

koko




よろしければぽっちっと御願いします。↓


スポンサーサイト
新しい記事へ移動する  
  過去の記事へ移動する
コメント
この記事へのコメント
この記事へのコメントを書く
[非公開]管理人にメッセージを送る

パスワードは、「ID生成」「コメントの編集」に使用します。

コメントの編集は、IDから編集画面へリンク

トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://afelyafeafe.blog28.fc2.com/tb.php/24-f2485015
この記事へのトラックバック
 
 
トップへ

テンプレート作成:しるえっと どっと ほーりー/sil_st3c01m_r102

FC2Ad

プロフィール

mamine

Author:mamine
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。